やまのこオレンジ | 岡山のとあるお山のワンコの様子や仔犬の里親募集などについて綴っています



うーくんのお家が決まりました

予てより里親募集をしてきた、うーくんですが
中身はまだまだ幼いですが、すっかり姿は立派な成犬になりました!!

うーくんは、11月に一度里親様が決ったのですが
譲渡の際のお約束を守ってもらえず、戻ってきました。
それから、預かり宅の先住犬に囲まれて、犬同士でビシッと躾をいれてもらいながら
スクスクと成長しました。

仔犬の時から里親さんも一緒に仔犬の成長を共にするのとは違い
なかなか大型犬ともなると、大型犬に憧れがあったり、大型犬の優しさや
魅力はあるのだけれど、実際飼育するとなると憧れだけでは済まない責任と大変さからか
里親希望も入らず・・・(-_-;) もうすぐ1歳になります。

先だって、預かり宅の一番の愛犬くんがエバンス症候群という
自分の血液をどんどん壊してしまう血液の難病になってしまい、
危険な状態になって輸血が必要となり、うーくんが頑張って献血して
愛犬くんを助けてくれました。
このこが、犬の中では一番うーくんを相手にしてくれていたので
うーくんもこのこのこと大好きだったみたいです。
採血のときに、診察台にあがったとき、いつもなら大人しく診察台の上でも
伏せができるほど賢いうーくんが、危険な状態の愛犬くんの処置で
周りはバタバタしていて・・・やっぱり周りのバタバタとする雰囲気で緊張したのでしょう。
最初、少し嫌がっていたのですが、うーくんに
「うーくん、お願い・・・〇〇〇を助けて・・・うーくんの血を少しわけて」と言うと
不思議なことに、その言葉が伝わったのかスーっと静かになって、それからはジッとしてくれて
160ccの血をわけて愛犬くんを助けてくれました。
うーくんの元気な元気な濃い血も入って、さあこれから!!と思っていましたが
残念ながら、15日突然旅立ってしまいました。
亡くなる時も、箱に入ってからも、うーくんだけは愛犬くんのお顔やお口あたりを
ずっとペロペロして、預かりが「もうペロペロいいよ。ありがとうね!」と言っても
ずっとなめつづけていました。愛犬くんのこと大好きだったんでしょう。 
ここまでしてくれたうーくんを、これまで育ててきたこともあり、里親希望もなく、
預かり宅の子として生涯幸せにしてあげたいと決断させていただくことに致しました。
うーくんのこと、応援してくださった皆様、これまでありがとうございました!!
これからもブログにチャオの弟分として登場するかと思います。
宜しくお願いいたします。

1113.jpg

スポンサーサイト

Posted by 取締役代表チャオ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。