やまのこオレンジ | 岡山のとあるお山のワンコの様子や仔犬の里親募集などについて綴っています



ミニちゃんと永遠のお別れ

ミニが亡くなった3月7日

ミニの体を綺麗にして お布団をかけて お線香に火をつけて、、、とバタバタとした一日でした。



私事ですが
午前 一番の仕事が大掛かりで 昼食も 急いで口に入れ 直ぐに仕事に掛かり やっと時間が取れたのが 葬儀社の車のお迎えが着く40分前でした。

ミニと一緒に時間を過ごしたいと思って急いで働いたのに なんで?
どーして?
もっと もっと一緒に居たかったのに、、、
ミニと もっとお話ししたかったのに、、、
最後ぐらい どうしてゆっくりと過ごせないの?

時間は止まってくれず 葬儀社の車がお迎えに来てしまいました。
ミニちゃんのお別れの時間がとうとう、、、

最後にミニにしてあげる事が万全にしてあげられなかった

ミニの訃報を知り 友達が駆け付けてくれました。

職場から火葬場まで行く途中お願いをしました。
ミニが居た山!
ミニが生まれて育った山を通ってくれませんか?
そこで 止まってミニにお別れをさせてやりたいんです。
気持ちよく いいですよ!
と言って下さいました。

山に着き車の戸を開けてくれました。
ミニはお別れが言えたかな?
やまの神様とお話し出来たかな?
やまのこ達に 先に行っとくよ~
またね~って お話し出来たかな?

ここはミニがいつも休んでいた場所


ミニちゃんが生まれて育ったこの山はトコちゃんとミニちゃんで守られていました。
私もたくさん思い出があります。
語りきれないほど たくさん、、、
写真も動画もたくさん、、、

私の一番好きなミニちゃん



火葬場に付いて
顔が埋る程 たくさんのおやつとフード、パンを置いてあげました。
そして ミニの体に身を寄せ抱きしめました。
やまのこ達の事は心配しなくていいからね!
大丈夫よ~
ミニの子供達も みんな幸せになってるからね!
そして これを持って行ってね!
と 私の爪をミニに渡しました。

友達は 今度生まれ変わったら やまのこではなく 絶対に家においで!
と約束をしてくれました(ありがとう)

そして 何度も何度も ありがとう、ありがとうと祈り点火で永遠のお別れになりました。

火葬中に 業者さんと やまのこ達の話しをしながら待ちました。



チャオは車の中で待っていました。
いつもなら人気がなければ 吠える事はないのに 火葬中になると ずっと吠えていました。
気が付けば 約1時間経っても吠えるチャオ!
あまりにも止まないので 側に行くと いつもと違う顔でした。
チャオは何かを感じたのかな?
ミニと話をしたのかな?
陳情じゃない顔をしていました。

時間が経ち 本来ならもう火葬できていてもいいのに まだ終わらない!
燃えにくい部分があるのかな?
大型犬でもそろそろ終わっていてもいい時間帯ですよ~
と業者の方が教えて下さいました。

腹水で燃えにくいのでしょうか?
と訪ねると
腹水だと途中で破裂するそうです。
きっと何かあるんだね~
と話されてました。

それでもまだ終わらず 更に15分程でしょうか 時間が経ち火葬が終わりました。

ミニは小さな、小さな骨だけになり骨の一つ一つの説明をしてくれました。
頭、のど、歯、肩、腕、爪、背骨、あばら、骨盤、尻尾、、、
骨壺に入るだけたくさん拾ってあげました。
どれも細く、小さい骨、、、
命は本当にはかないものです、、、

最後に骨壺をしっかり抱きしめて お別れ、、、

そして 話をして下さっていた燃えにくい部分、、、
それは 背骨にガッツリと食い込んだ黒い灰!
こぶしが二つ並ぶように大きい黒い灰がありました。
恐らく癌です。



大きな大きな癌がミニの死を早めたのかもしれません。

フィラリアで腹水だと思っていましたが 癌と腹水とでお腹が破裂しそうなほど大きくなっていたようです。
恐らく手遅れだったでしょう
こんなになるまで 頑張っていたのだと思うと愛おしく ミニの頑張れない!の日曜日の言葉は本当に限界だったと思いました。

痛かっただろうに!
何度も激痛がはしった事だと思います。
私にはミニのような痛さには耐えられないと思います

今思えば 去年夏に激やせしていたミニの姿を思い出しました。
よく頑張ったね~ ミニ!



友達と話をしました。
私達が逝くときには やまのこ達がみんな揃って待っててくれたらいいね~🎵
もちろん チャオもね!(笑)
私達は 涙しながら笑って その時の様子を想像しながら語りました。

そしてミニちゃんはトコと会えたかな?今頃一緒に遊んでいるかも、、、
体も綺麗になり元気になったかな?



ミニの為にと ご支援も頂きましたが 医療費として使ってあげる事が出来ず 期待に応える事ができませんでした。
本当に申し訳ありませんでした。

こんなにミニの事を思って頂いていたのかと思うと やはり悔しくて悔しくてなりません。
そしてある意味、ミニにとって 名誉な事です。
天国で誇り高く迎えてくださっていると思います。
心から 厚くお礼を申し上げます。
また 私への気づかいにも たくさんの方からメッセージ等頂きました。
ありがとうございます。

これからもやまのこ達が幸せに過ごせる場所を求めて頑張ってまいります。

3月には供養祭があります。
再び会えるのを楽しみにしています。

ミニへのお心遣い 心からありがとうございました🙇

スポンサーサイト

Category : 訃報、供養祭
Posted by 取締役代表チャオ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。