やまのこオレンジ | 岡山のとあるお山のワンコの様子や仔犬の里親募集などについて綴っています



「フラワーレメディー」てな~に?


これさえなおれば、もっと楽しい生活が送れるのに・・・ 😥
そう思うことありませんか?


花火などの音を怖がる。
・お留守番ができない。
・やきもちをやくと攻撃的な態度をとる。
・皮膚にトラブルがでやすい。
・人や犬に対して威嚇したり、
   ほえたり、噛んだりする。
・何をするにも待ちきれない、忍耐力がない。
・次から次へと新しい病気をわずらう。
・病院を怖がって大変。
・飼い主さんにべったり など、、、

フラワーレメディーとは


フラワーレメディーは自然療法のひとつでヨーロッパではポピュラーなものです。療法と言っても医薬品ではなくお花から抽出されたエネルギー(生きるパワーのようなもの)で、匂いも味もないものです。(経口摂取します)

自然療法の中にはアロマやハーブなどがありますが、これらは身体に働きかけるものですがフラワーレメディーは身体ではなく精神面や感情面に作用し、感情を自然で正常はバランスのとれた状態に保つものです。
投薬治療中であっても、併用して影響のあるものではありません。また、治療中ならば治療の効果を増大させる場合もあります。副作用も習慣性も全くありません。

感情は38種類に分類することができます。犬の場合は感情を読み取ることが難しいですが、困った行動や問題行動から推測してその感情を読み取り、38種類の感情の中から当てはまるものを選んでいきます。
フラワーレメディーもその感情を回復させる38種類のレメディーがあります。うまくマッチすれば、すぐに回復の効果ぎ現れます。犬の場合は効果が早く、飲んだ直後から効く犬もいます。また、なだらかに効いてくる場合は1週間~1ヶ月かかる場合もあります。


飼い主様もペットちゃんもストレスなく生活が出来ますように、、、



スポンサーサイト
Posted by 取締役代表チャオ on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。